ケータイ払い出来るファッション通販!レディース服をキャリア決済で

 

各社のケータイ払いで、洋服が買えるファッション通販サイトをまとめました〜。

 

auかんたん決済 はここから

 

ドコモケータイ払い はここから

 

ソフトバングまとめて支払い はここから

 

ケータイ払いは、ファッションアイテムを買う時も使える

 

 

最近は、ケータイ払いに対応しているレディースファッション通販サイトも増えて来ましたね。

 

ケータイ払いなら、4桁の暗証番さえ入力すれば、月々の電話料金と合算して支払いが出来るので、とても便利。

 

月々の携帯電話の利用料は、クレジットカード払いではなく、銀行引き落としにしてる人も多いかと思いますが、ケータイ払いなら、月々の電話料金にショッピング代金を合算して銀行口座から引き落としてくれるので、クレジットカード払いじゃなくても使えます。

 

また、ショッピンサイトに「クレジットカード番号を入力しちゃって、万が一、流出しちゃうと嫌だな」と不安に思う人も、ケータイ払いなら、通販サイトには、クレジットカード番号を入力しなくていいので、情報の流出を心配することなく、買い物をすることが出来ます。

今年の夏服は大胆に!レディース夏ファッションの旬な着こなし2017


2017年のレディース夏ファッションでは、肩や背中を露出するなどの「肌見せ」アイテムがトレンドになってますよね。

品よくセクシーに、それでいて、健康的に、今年っぽい印象になる旬な夏服の着こなし方をまとめてみました。

背中見せサロペットは1枚で着こなす


背中見せサロペット

夏の定番アイテム、背中が大胆に開いたオールインワンのサロペットは、レイヤードはしないで、1枚でサラッと着こなすのが今年っぽいスタイル。

落ち着いたカラーを選べば、子供っぽくならずに、大人の女にピッタリな背中見せの夏コーデになります。


カジュアル夏コーデなら、襟抜きシャツにショーパン

トレンドの抜き襟のシャツに、白のショートパンツを合わせれば、カジュアルな夏コーデに、大人の色気をプラス出来ます。

ゆったりシルエットの長袖の抜き襟シャツのインナーには、黒のタンクトップを着て、上半身と下半身の肌見せのバランスを取りましょう。

ノースリーブシャツには、太いバングル

腕を細く華奢に見せてくれるバングルは、ノースリーブシャツなど、寂しくなりがちな夏の手元に華やかさをプラスします。

メンズライクな太めタイプのバングルは、ひとつつけるだけで存在感があり、ノースリシャツから見える腕をスッキリと見せてくれます。

脚見せコーデなら、バッグは主役級に


脚見せコーデ

グリッターカラーのチェーンバッグは主役級の華やかさがあり、視線を太もも位置に集めます。

ミニスカートなどで脚を見せる服の時には、上半身の露出を控えめにして、存在感のあるバッグを持つのが、大人っぽい脚見せコーデの着こなしルールです。


背中出しトップスには、チャームネックレス

大きく開いた背中が印象的な、カシュクールトップスには、チャームネックレスをプラスして、抜け感を出しましょう。

背中が開いたヘルシーな夏服に、バックポイントのネックレスをつければ、背中美人度をアップすることが出来ます。

肌見せ具合を調節するには、ジップアップ

バックジップ付きのトップスは、肌の露出度を変える着こなしができて、一枚あると重宝します。

オフの日には、ジップを上げて大胆な肌見せスタイル。

平日の通勤服に使う時には、ジップを下げて、肌見せの分量を控えめにして、お仕事モードにすることも出来ます。

上品に太腿を見せるならシースルースカート


シースルースカート

ミニスカートに抵抗があっても、シースルーデザインのスカートなら、上品に太もも見せの夏ファッションが楽しめます。

ミニスカートに重ねた、長め丈のチュールから、うっすらと素足が見えて、品良くエレガントな夏の肌見せスタイルになります。


ビスチェはレイヤードするのが今年の夏っぽい

夏トレンドのビスチエは、カットソーとレイヤードすると、カジュアルに着こなせて、今年の夏っぽい雰囲気になります。

ビスチェは1枚で着ると難易度高めなアイテムですが、ノースリーブのカットソーや、Tシャツとのレイヤードスタイルだと、簡単にお洒落な夏コーデができます。

タンクトップ的な夏トップスにはゆるパンツ

肌の露出が多めのニットトップスやタンクトップを、ヘルシーに着こなすには、ゆるめのワイドパンツでリラックス感を演出するのがポイント。

深めのVネックノースリーブデザイントップスも、ワイドパンツを合わせてワントーンでまとめれば、大人カジュアルに着こなせます。

ショートパンツには大きいバッグを合わせると好バランス


ショートパンツに大きいバッグ

夏ファッションでショートパンツを穿く時には、大きめのバッグを持つと、見た目のバランスが取れて、スタイルも良く見えます。

脚の近くにボリュームを感じさせることで、脚の肌見せが健康的な雰囲気に変わります。

夏コーデには、天然素材のデカバッグがおすすめ。


肩幅を華奢に見せるならつば広ハット

肩幅が大きいのが気になる人は、つばが広めの帽子をかぶると、肩まわりをほっそりとした印象に見せることが出来ます。

なかでもノースリーブトップスと、つば広ハットの組み合わせは好相性。

肩見せトップスを着ても、肩幅を華奢に見せてくれるので、体型を気にすることなくトレンドスタイルを楽しめます。

二の腕をカバーするならフレンチスリーブ

フレンチスリーブトップスは、二の腕やワキのはみ肉を上手にカバーしてくれます。

また、オーソドックスなTシャツを選ぶ時にも、フレンチスリーブが狙い目です。

肌見せ初心者なら、オープンショルダー


オープンショルダートップス

オープンショルダーは、露出度が控えめなので、肌見せ初心者でも挑戦しやすいアイテム。

肩や二の腕から、肌がチラリとのぞくくらいの、さりげなさが品良く見えるポイントです。

写真のように、テラコッタでカットソー素材のオープンショルダーに、トレンドのストライプ柄のパンツを合わせると、この夏、流行中の「大人カジュアルスタイル」になります。


セクシー過ぎないオフショルダーならモノトーン

夏アイテムのトレンド、オフショルダーは、モノトーンでまとめて、モードな雰囲気に着ると、セクシーになりすぎずオシャレに見えます。

腕を華奢に見せるベルスリーブのオフショルや、フラワー刺しゅうをあしらったデザインもので、モノトーン選べば、ワンランク上の着こなしが楽しめます。

二の腕を細く見せるなら、脇見せニットトップスで

脇見せするくらいにアームホールが大きく開いたデザインのトップスは、意外に、二の腕をすっきりと見せる効果が期待できます。

例えば、白のブラトップに、黒のフリンジストリングをレイヤードして、サイドに視線を集めるような脇見せコーディネートを組めば、ウエストラインや二の腕を引き締まった印象に見せることが出来ます。

ホルターネックワンピースの時は、脚は隠す

ワンピースとデニムの重ね着は、この夏人気のトレンドスタイル。

露出度が高めのホルターネックのワンピースも、デニムショーパンで脚を隠して肌見せの分量を調整すると、カジュアルなのにシックな印象の着こなしになります。

バックコンシャスな夏服は1枚でサラリと


バックしコンシャスな夏服

2017年の夏ファッションで流行中のバックコンシャスな夏トップスは、1枚でさらっと着こなすのがオシャレ見えするポイント。

ボトムスやアクセサリーなど、他のアイテムはシンプルにして、背中側のデザインを強調させます。


オシャレ上級者にはワンショルダートップス

この夏おしゃれ上級者を目指すなら、アシンメトリーなデザインに女らしさが漂う、ワンショルダートップスをコーディネートに取り入れましょう。

ドレッシーになりすぎないように、デニムと合わせてカジュアルダウンさせれば、デイリーにも着こなせます。

レディース春ファッションは「どう着るか」がおしゃれ感を左右する

 

2017年のレディース春ファッションでは、着こなし方に「ちょっとした工夫」がいるようなトレンドが、たくさん登場しています。

 

洋服のシルエットや春コーデのバランスを、2017年の春服っぽく更新して、オシャレ感をプラスしましょう。

 

春ファッションで流行中のゆる服はベルトマークで引き締める

 

ウエストマークする春コーデ

ゆるトップスにワイドパンツなど、ボリュームのあるアイテム同士を着る時に、ウエストをベルトマークで引き締めるスタイルがトレンド。

 

ゆったりした服にメリハリがつくので、今までになかったようなお洒落な着こなしを楽しめます。

 

20代の春コーデにきちんと感を出すには、レザータイプのベルトが人気。細めよりも幅広を選んで、しっかりとウエストをマークするのがおすすめです。

 

春アウターの定番のトレンチコートも、高い位置でベルトをキツめに結んで、Xラインを際立たせるようにして着こなす事も出来ます。

 

トレンドのビッグサイズの春アウターは偶然の肩落としがおしゃれ

 

大きいサイズのGジャンの肩落としコーデ

肩がけや腰巻きスタイルとは違い、肩から自然に落ちたルーズな着こなしに、こなれ感が生まれておしゃれ度がアップ。

 

いかにも肩から落とした状態ではなくて、自然に落ちかかっているような無防備さが、女らしさにつながります。

 

オーバーサイズのアウターには、インのトップスをコンパクトな服にして、対比をつくるのが、オシャレに見えるポイントです。

 

ビッグサイズのGジャンなら、一番下のボタンだけ留めて、自然と後ろに抜かれるような立体的なフォルムにして、適当に着ているような、ラフな雰囲気を出します。

 

インナーのトップスは、春服で流行りの黒のリブニットにする、という手もあります。

 

春服をレイヤードする着こなしがそろそろ新鮮

 

ロング丈のニットカーディガンを羽織るコーディネート

コーデに奥行きをもたせる重ね着スタイルが、2017年の春ファッションでは、注目されてます。

 

ゆる服には、硬めの素材を合わせて、ロングアウターでIラインを作るレイヤードスタイルが新鮮。

 

奥行きのあるレイヤードスタイルにするためには、ニットや起毛素材の洋服を着る時に、デニムやレザーなどの硬め素材のアイテムを間に1枚挟むのがおすすめです。見た目にもメリハリがでて、立体感のある春コーデになります。

 

着ぶくれやバランスの悪さを防ぐには、縦ラインを強調できる長めアウターを上に重ねます。Iラインを作るとスッキリと見えるので、そろそろ体型が気になり始める30代のスタイルアップコーデにに使えます。

 

レディース春パンツは、太シルエットでハイウエストがトレンド

 

太いパンツにシャツインする着こなし方

 

股上の深いパンツやボリューム服が主流の今、腰の位置の高さが重要なポイント。

 

深い股上に太めシルエットのパンツは、ウエスト位置を高く見せると、バランスが格段に良くなります。

 

ショルダーバッグを短めにかけて、重心を上に引き上げるのも効果的。服と小物の両方でバランスをとるのが、春パンツ着こなしのコツです。

 

太シルエットでハイウエストでは、とにかくウエストを高い位置にマークしたいので、シャツインするのが必須。首元にスカーフを巻いて、視線を上に集めるのもおすすめです。

 

トップスインは、無造作に着こなすのがお洒落に見せるコツ

 

今年の春は、トップスをきちんと入れるのも、ルーズに出すのものオシャレ見えしない、NGな着こなしです。

 

程よくゆるみをもたせて、適当さの加減をマスターするようにします。

 

トップスインは、どこか適当さを残すと、こなれた雰囲気になり、おしゃれ見えるスタイルになります。

 

斜めにシャツインするスタイル

ストラップ靴

 

30代前半の大人の女性向けのワンツーコーデでは、特に、真ん中をインするよりも、ややサイド寄りをインするほうがラフな雰囲気になります。

 

出しすぎないようにしながら、後ろ身ごろもラフにイン。


 

半分だけシャツインするスタイル

ストラップ靴

 

シャツを着る時に、裾の半身だけをインします。

 

アウターを重ねれば、40代の大人の女性でもトライしやすい新鮮なスタイルです。

 

同じように、ニットカーディガンでもアレンジできます。


 

帽子をかぶるなら、キャスケットかキャップ

 

ストラップ靴

旬デザインの帽子をプラスして、地味な印象を今どきコーデに変換します。

 

コーデに物足りなさを感じた時には、帽子を足すのが効果的。

 

20代後半の女性に人気の「春のキャスケット」は、ふっくらとしたフォルムが特徴的。コーデュロイ素材のほっこりしたキャスケットは、シンプルコーデのハズしにぴったりの帽子です。

 

フェミニンなワンピースに、やんちゃなキャップをかぶるのも、テイストミックスが絶妙なバランスになります。

 

春コーデにプラスアルファするならメガネが使える

 

ストラップ靴

 

10代女子のコーデに抜け感を出したり、スパイスを効かせる小物ではメガネが最適。

 

服とは逆のテイストをプラスすると、おしゃれ度がアップします。

 

大人のアスレジャースタイルには、抜け感たっぷりな丸メガネが使えます。

 

スポーティな春服のストリート感を抑えて、アクティブな着こなしと対照的な丸いメガネが、大人の落ち着いたこなれ感をプラスします。

 

アウターの色とリンクしたフレームは、コーデになじみやすく、ボリューミーなゆる服をキリッと引き締めます。

 

シンプルコーデのポイントは主役級のソックスで

 

ストラップ靴

さり気なく個性を発揮するなら、足もとコーデにひと工夫。

 

コーデの中でチラ見え程度のソックスこそ、存在感のあるデザインを選びます。

 

ディテールで遊ぶ時には、ちょっとやりすぎかなと思うくらいのソックスにして、さりげなく大人のおしゃれを楽しみます。

 

その分、服はシンプルにまとめるの鉄則です。

 

ビシュー付きのソックスを履く時は、ビジューの色とリンクさせたきれい色のパンプスを合わせます。カットソーにパンツのシンプルな服に、華やかソックスの足もとが映えます。

 

20代前半の女性に人気のエッジの効いた黒の編みソックスには、シックな色みのブラックの靴をよく合います。

 

シンプルな黒パンプスや、ショートブーツからチラ見せするだけでインパクトがあり、シンプルコーデのポイントになります。

 

オシャレ冬ファッション2016!旬な冬服の上手な着まわし方

シンプルニットとトレンドスカートでガーリー冬コーデ

キレイ色ニットにカーキの巻きスカートは、カジュアルテイストでありながらきちんと感のある冬服です。

 

ふんわりした素材感で、優しげに映るオレンジ寄りの赤は女性の顔を明るく見せます。

 

ニットトップスは、ドルマン袖のデザインを選び今どきのシルエットを演出。

 

トレンドのカーキボトムスで、旬な冬のガーリーコーデ。

 

スカートをグレーのミモレ丈フレアに替えると、フェミニンで大人っぽいコーディネートになります。

 

ミニマルな着こなしにしたい時には、黒の台形ミニスカートをタイツと合わせてポップにコーディネート。ゆるニットと台形ミニのコンビも冬ファッションの定番スタイルです。

 

女っぽい服に男っぽい服をちょい足しする冬コーデ

女の子しか着ないファッションアイテムといえば、ワンピース。冬服ではニットのIラインワンピが活躍します。

 

タートルネックでロングのニットのワンピは、そのまま一枚でもレイヤードファッションにしても、年代を問わずに女性らしい装いが楽しめます。

 

ワンピの下に、メンズっぽいパンツをレイヤードするのもオシャレ。マニッシュなグレンチェックのワイドパンツなら、おじさんっぽくならず、ニットワンピの女っぽさを引き立てます。

 

ニットワンピースに、マキシ丈スカートをレイヤードして裾をのぞかせるスタイルもおしゃれ上級者っぽくなります。ハンサムできれいめなチェスターコートを羽織り、ゆるズルコーデに男っぽい辛さを盛ります。

 

はりのあるセンタープレスのパンツを重ねて、マニッシュな着こなしもおしゃれ。ストレートな形とセンタープレスが脚長に見せます。

 

白いベーシック服とトレンド服で、お洒落に着こなし

クリーンな白なら、ボーイッシュなオーバーサイズのパーカもきれいめアイテムとして活用できます。

 

子供っぽいイメージがあるパーカとミニスカの取り合わせも、清潔感のある白とマットな黒のモノトーンなら、大人カジュアルに着こなせます。

 

トレンドの太めうねのコーディロイミニは、冬のお洒落をブラッシュアップします。

 

シンプルな白のクルーネックニットに、コーディロイの黒スキニーの組み合わせは、トレンド素材をきれいめに穿けてリッチ感もプラス。

 

白のシャツワンピは1枚で着て、男っぽくカジュアルなMA-1を羽織ります。ロング丈ブルゾンなら女子よりにシフト。人気のMA-1を大人可愛く着こなします。

 

ボヘミアンな洋服にはやっぱりデニムが似合う

地味になりがちな季節にピッタリなのが、ボヘっぽい柄のアイテム。ノルディック柄のニットにムートンコートのボヘミアンコンピには、ダメージデニムで抜け感をプラス。ニットとデニムを今年っぽく着こなします。

 

黒ベースの小花柄ワンピに、デニムブラウスをレイヤード。リラックスムードだけど手抜きに見えないオシャレ上級者コーデ。赤のコンバースに靴下合わせで、足元もバッチリきまるな大人っぽいガーリーコーデ。

 

デニムワンピにアラン編みのブラウンニットを合わせると、王道ボヘミアンなレイヤードスタイルになります。足元はあえて、クラシカルなビットローファーにすると新鮮。大人の女性に似合うデニムスタイルです。